GooDay Recruiting|グッデイ新卒採用

「家族でつくるいい一日」を実現するために、GooDayは様々な取り組みに挑戦しています。


  • 次世代モノづくりスペース ファブラボ太宰府

    2014年9月より、3Dプリンタやレーザーカッターを使ってデジタル工作ができる“ファブラボ太宰府”を運営しています。最新のデジタル技術によって、老若男女、手先が器用でなくてもモノづくりを楽しめるのが魅力です。子どもを対象としたプログラミング教室やロボットアーム教室なども開催しており、未来のMAKER育成にも力を入れています。


  • ライフスタイル提案型店舗への進化

    2017年にオープンしたグッデイ基山弥生が丘店には、モノづくりを体験できる工作スペース“グッデイファブ”をはじめ、ホームセンターでは九州初となるペットフードの試食スペースや金魚すくいコーナーを設置。DIY・園芸のワークショップを連日開催しています。グッデイは、従来の“モノ”を売る店舗から“ライフスタイル”を提案する店舗へと変革し、ホームセンターの新しい在り方を探っています。


  • 2日間で1万人以上が訪れるワークショップコレクション

    グッデイの全店舗合同で、あるいは店舗単独で、年間を通して様々なDIYイベントを行っています。夏休み親子ワークショップをはじめ、“寄せ植え教室”などを毎年開催しています。2016年からは、外部での大型イベント、ワークショップコレクションin福岡を開催。毎年、1万人以上のお客様が参加し、「家族でつくるいい一日」を体験されています。


  • 福岡の中心部でキャンプイベントを開催

    もっと多くの人に気軽にキャンプを楽しんでもらいたいという思いから、福岡市中心部の公園でキャンプ体験ができる“FUKUOKA MACHI CAMP PARTY”を開催。2015年からスタートして3回目となる同イベントでは、ナイトシアターや朝ヨガ、ワークショップなどを通して、家族がともに過ごす時間をつくり出しています。


ホームセンターから、新次元のGooDayへ


  • AIを活用したデータ経営

    園芸商品の花や葉の品質をスタッフがランク付けし、画像と共にAIへ認識させる取り組みを進めています。AIが瞬時に品質を評価して仕分けるとともに、生産者にも情報を共有して品質向上を図るのが狙いです。また、園芸商品は天候により売れ行きが大きく変動するため、売上と仕入れのデータに気象データを組み合わせて解析を行うシステムを導入。売上を伸ばし、在庫削減に成功しています。さらにAIによる自動予測システム構築へ向けて準備中です。


  • 最新IT技術によりヒット商品を発掘する

    グッデイ全店舗にタブレットを導入し、クラウド型グループウェアを活用した情報共有を行っています。発注や商品検索のほか、良い売場づくりの事例や接客手法といった各店舗のノウハウを共有し、サービスを向上させています。また、データ分析を積極的に行い、仕入先にも分析結果を共有しながら、次なるヒット商品の発掘に役立てています。

ページトップへ